カビ防止・対策|食品工場・一般家屋(外壁・浴室・クロス)
靴・ブーツ・靴箱の除菌・防カビ・消臭|プロのやり方を動画で解説


靴・ブーツの臭いや菌をエアゾールで除菌
冬のブーツや通勤通学で使う靴の臭い。
靴箱に入れっぱなしの靴のカビ。
水虫など・・・靴の臭いやカビが気になるときにはエアゾールが活躍!
靴の悪臭を消臭して、靴の中や周辺にいる菌を除去。カビが生えない状況を維持できるのです。
今回は靴や靴箱でのエアゾールの活用法をお伝えします。

靴の外側のカビ対策


かびが靴の外側に発生した場合は、守護神を噴霧します。乾かしたらカビ守護神を噴霧。
コツは、遠くから噴霧して、細かい霧をかけること。
乾いたら軽くふきましょう。白く余分についたのを拭き取る感覚です。

靴箱の中のカビ対策
靴箱の中が臭う場合は、中に守護神を噴霧して拭き、汚れをきれいにします。
その後。カビ予防のカビ守護神を噴霧します。

ブーツや靴の中のカビ対策


エアゾールは半押しして使用します。
ブーツなどの中に吹きこむと、守護神とカビ守護神の効果が一度で得られる優れものです。
エアゾールの方が霧が細かいので、手軽にでき、ブーツなどに適しています。
靴の型にも吹きかけると効果が出ます。
エアゾールは数秒の噴霧で効果があります。
また、靴箱全体にエアゾールを噴霧すると、全体に効果が行き渡るのでオススメです。